相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

相続登記の相談は不動産の専門家の司法書士にお任せ!解決事例も紹介

相続登記の相談は司法書士に

相続登記とは、不動産の名義変更のことです。
土地や家・マンションなど不動産の所有者が亡くなった際に、相続人への名義変更の手続きを行います。

相続登記せずに放置していると相続人が増えて話し合いがまとまらなかったり、所有者がわからなくなったりしてトラブルに発展する可能性が高くなるので、早めに手続きを行うことをおすすめいたします。

そして、司法書士は不動産の専門家なので、相続登記について相談したい場合は司法書士にご相談いただくことをおすすめいたします。

大阪相続相談所では、司法書士による無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

相続登記の相談は司法書士にお任せ!不動産の相続が発生する遺産相続の相談先は司法書士がおすすめ。相続が発生した中の約50%で不動産の相続が発生しています。

相続登記について相談できるのは

相続登記について相談できるところとして考えられるのは主に、登記所(法務局)と司法書士です。

それぞれ相談できる内容や、費用についてご説明します。

登記所(法務局)

大体の登記所(法務局)では、相続登記についての相談を無料で行っております。
そして、相続登記手続きで必要な書類の作成方法などを教えてくれたり相談にのってくれたりします。

ですが、登記所(法務局)で対応してくれるのは、登記の方法についてのみで、登記手続きを含めた相続についての法律相談は対応してくれません。

法律の専門家ではないので、あくまで手続きについてのみ相談にのってくれるということです。

司法書士

司法書士は相続登記の専門家で、ほとんどの司法書士事務所で無料相談を受け付けております。

そして、登記所(法務局)では対応していない、登記手続きを含めた相続についての法律相談に対応しており、相続全体についての相談をすることができます。

「何から始めたらいいかわからない」、「遺産はどのように分けるのがいいのか」など気になることは専門家に確認しましょう。

大阪相続相談所を運営しているグリーン司法書士法人では、経験豊富な司法書士や行政書士による無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

無料相談でしっかりお話しをして、ご依頼いただけることになりましたら、そこから費用が発生します。

相続登記の義務化

相続登記の手続きに期限はありませんでしたが、2024年を目途に土地や建物の相続を知った日から3年以内に登記手続きを行うように義務化されることが国会で決まりました。

所有者がわからない土地が年々増えており、その問題を解消するための関連法です。

相続登記の義務化に加えて、相続登記の手続きも簡素にすると言われており、管理が難しい場合は相続した土地を手放して国庫に納められる制度が新設されます。

申告しなかった場合は10万円以下の過料に処せられる可能性があるので気を付けましょう。

相続登記について

相続登記などの不動産相続に関する手続きと、かかる費用を中心に、不動産のプロである司法書士が、わかりやすく解説しています。

  相続登記の上手な進め方や費用について

相続登記の解決事例一覧

相続解決事例一覧

その他、相続に関する解決事例を下記ページで紹介しております。

不動産の相続登記や家族信託、遺産分割などの解決事例にご興味がある場合は、ご参考にしてください。

  ご相談解決事例一覧

合わせて読みたい記事

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
グリーン司法書士法人公式LINEアカウントで気軽に相談しましょう。無料相談予約も可能。
  相続の生前対策   相続手続   相続の知識   動画コンテンツ   お悩み別   解決事例   失敗事例   よくあるご質問   遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形   エンディングノート   費用のご案内   事務所について  交通のご案内  無料相談の流れ  お問い合わせ  お知らせ  代表プロフィール  採用情報  お客様の声  大阪の地域ごとの相続手続
YouTubeチャンネル
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル

相続手続きの
人気検索キーワード