相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

限定承認のよくあるご質問に大阪相続相談所の司法書士が回答!

代表司法書士山田愼一

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。

保有資格:司法書士/行政書士/家族信託専門士/M&Aシニアエキスパート

限定承認のよくあるご質問に大阪相続相談所の司法書士がお答えしております。ご参考にしてください。

限定承認のよくあるご質問、限定承認FAQに大阪相続相談所の司法書士が回答

限定承認とは?

限定承認とは、相続された方のマイナスの財産を返済する責任が、プラスの財産の範囲に限ったものに軽減されるというものです。

相続放棄との違いや注意点などを下記ページでご説明しております。

限定承認のよくあるご質問|限定承認FAQ

  限定承認とは何ですか?

相続された方はプラスの財産(預貯金、不動産など)の範囲に限って、マイナスの財産(借金など)を返済する責任に軽減されます。プラスの財産の方が多い場合には差額を受け継ぐことができますので、結局、単純承認と同じ結果になります。

  どのようなときに限定承認をするのですか?

プラス財産とマイナス財産が不明である場合。

  限定承認するときに気をつけるべきことは何ですか?

  • ・基本的に限定承認を撤回することはできません
  • ・相続財産を売却、消費、損壊、破棄などを行なってしまうと、すべての相続財産を引き受けたことになり、限定承認できない可能性があります。
  • ・相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に申述しなければいけません。
  • ・相続人全員で行う必要があります。

  限定承認は被相続人(亡くなられた方)が生きている間にできますか?

限定承認は、生前にすることはできません。

相続に関するよくあるご質問一覧

相続に関するよくあるご質問をカテゴリー別でご紹介しております。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。
一般の方向けのセミナーの講師や、司法書士や税理士等専門家向けのセミナー講師も多数手がける。オーダーメイドの家族信託を使った生前対策や、不動産・法人を活用した生前対策が得意である。



代表司法書士山田愼一
相続登記が義務化されます
相続登記にかかる登録免許税の減免措置の期限が迫っています
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ   事務所について  無料相談の流れ  大阪の地域ごとの相続手続き  SDGsへの取り組み  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  用語集  採用情報  サイトマップ  お問い合わせ
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル