相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

不動産を共有名義で相続するときの注意点を事例をもとに解説

代表司法書士山田愼一

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。

保有資格:司法書士/行政書士/家族信託専門士/M&Aシニアエキスパート

ご相談内容

不動産を共有名義で相続するか、売却するかで悩んでいます。

父が亡くなり、父の財産を確認すると不動産のみだったので、私たち3人兄弟は唯一の相続財産である不動産を分けて相続することにしました。

兄は、父の家の隣に住んでいるため将来のことを考えて、土地を持っていたいという思いがあるようですが、私は近くに住んでいないため将来的には売却したいと考えています。

とりあえず、相続で揉めたくないので、話し合って名義上不動産を3人の兄弟の共有名義で相続し、均等に分けようということになりました。

ですが、実際に不動産の管理や固定資産税のことを考えると、私はすぐにでも売却したいと思っています。

不動産しか相続財産がない場合は、どのようにするのが良いのでしょうか?

専門家からの回答

不動産などを共有名義で相続にすることは、おすすめできません。

不動産の名義のみを共有することで、平等に分けることができると思われるかもしれませんが、それ以上に様々なリスクがあります。

不動産を共有名義で相続するリスク

売却や処分をする際に大変

不動産を売却したり処分したりする場合には、共有名義となった方全員の同意が必要になるので意見が一致しないと何もすることができません。

名義人が亡くなった場合

兄弟間で名義を共有しているうちはそこまで大きな問題にはなりません。

ですが、もし兄弟が亡くなってしまった場合、姪や甥にあたる方が相続人になったり、さらに遠い親族と共有していくことになり、いざ売却をする際などには大きな障害となります。

管理費用の問題

使わない不動産を持っている場合でも、固定資産税だけでなく、管理費用が発生します。

不動産を相続した場合の対応

相続した不動産を共有名義にした場合、もっともよく起こってしまうことが、不動産が塩漬けになってしまうことです。

せっかくの財産が不幸にも塩漬けになってしまわないためにも、不動産は共有名義で相続せずに、現金や残りの財産で分けていく方が良いといえます。

大阪相続相談所にご依頼いただくと、不動産会社が系列にあるので、別途不動産会社を探して手続きを行う手間が発生しません。
相続に関する手続きを一括して相談したいというお客様のニーズにお応えします。

グリーン司法書士法人の専門スタッフが一緒に考え、多くの事例を元にお話しします。

不動産や土地を共有名義で相続か売却かで悩むなど、相続で発生した土地や家などの不動産に関わるお困りごとはありませんか?

合わせて読みたい記事

 当サイトで、よくご覧いただいているページ

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。
一般の方向けのセミナーの講師や、司法書士や税理士等専門家向けのセミナー講師も多数手がける。オーダーメイドの家族信託を使った生前対策や、不動産・法人を活用した生前対策が得意である。




代表司法書士山田愼一
  相続の生前対策   相続手続   相続の知識   動画コンテンツ   お悩み別   解決事例   失敗事例   よくあるご質問   遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形   エンディングノート   費用のご案内   事務所について  交通のご案内  無料相談の流れ  お問い合わせ  お知らせ  代表プロフィール  採用情報  お客様の声  大阪の地域ごとの相続手続
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル

相続手続きの
人気検索キーワード