相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305
相続のお困りごとございませんか?

大阪相続相談所 よくある相談事例

相続登記
名義変更(銀行)
遺産分割協議
相続放棄
遺言
相続税
初回相談無料
相続相談会のお知らせ
大阪相続相談所の解決事例
遺言書の書きかた
預貯金の名義変更
不動産の名義変更費用
不動産の名義変更が必要な理由

当事務所は関西で有数の相続解決実績がございます

代表山田

大阪発の相続専門サイト大阪相続相談所代表の山田です。

弊社は、相続解決のプロとして、年間約1,000件のご相談をお受けさせていただいております。その実績と経験を元にトラブルのない相続解決安心・迅速・誠実な対応を目指し、より良いサービスをお客様に提供いたします。

相続問題でお困りのかたは、ぜひお気軽に大阪相続相談所までご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 わたしたちが選ばれる理由
  •  豊富な相続問題解決実績」!
  •  専門スタッフによる、「誠実で丁寧な」サービス!
  •  大阪中心部なので、「アクセスが簡単」!
  •  グループ連携による、「スピード対応」!

守口市での遺産相続をお考えなら

「誰が相続人なの?」「費用はいくら?」「何をいつまでにしなければならないの?」「手続きはどこでするの?」「遺言書ってどう書けばいいの?」守口市での相続問題を当事務所にお任せいただければ、スムーズに様々なお悩みを解決致します。

忙しくて時間のない守口市のお客様のために、専門家からなるチームで丁寧にお手伝いさせていただきます。まずは無料相談にお電話ください。私たちが、お客様の悩み・不安などをお伺いしながら、問題箇所を明確化してゆきます。ご相談後、状況に応じた調査・費用・スケジュールなどを作成し、素早く対応させていただきます。守口市での解決をご検討されておられるなら、ぜひ当事務所にご連絡ください。

お問い合わせから解決までの流れ">

STEP1

相続相談の流れイメージ01

まずは、お気軽にフリーダイヤルまでお問い合せ下さい。当事務所のスタッフが親身にお悩みを聞き取りさせて頂きます。

無料相談ダイヤル0120151305

STEP2

相続相談の流れイメージ02

カウンセリングシートをもとに、当事務所のスタッフがご相談者様からお悩みや不明点を詳しくお伺いいたします。ご相談内容、必要な手続きを明確にし、専門家から最適なアドバイスをさせて頂きます。

また、基本ルールのご説明や、必要事項の聴取を行います。

STEP3

相続相談の流れイメージ03

誰が相続人かを確定させるための本籍地における戸籍収集・相続人調査・遺言書の検索を行います。
遺産紛争を未然に防ぐ遺産分割協議書を作成し、不動産の登記(法務局にて)など、遺産の名義変更を行います。

守口市での相続や遺言に関するご相談はお任せ下さい

事務所写真

「大阪相続相談所」は大阪府守口市の皆様から、相続・遺言や相続に関するご相談を多数頂いております。相続・遺言に関するご相談は無料です。身体的に問題がある場合、関係者全員で対策を聞きたいというケースは専門家が守口市まで出張相談をさせて頂くことも可能です。詳しくは直接当事務所までお問い合わせ下さい。守口市の皆様からのご相談をお待ちしております。

無料相談のご案内
0120151305

ホームページへのご訪問ありがとうございます。

「大阪相続相談所」は、グリーン司法書士法人を中心とする専門家グループの窓口です。守口市だけでなく、全国区で活動するエキスパートが、お客様の不安やお悩みに対応いたします。司法書士・弁護士・税理士・ファイナンシャルプランナー・土地家屋調査士などの各専門家が、お受けしたご相談を総合的に分析し、適切なアドバイスとサポートをご提供します。「遺言書の作成」、「相続人の調査」、「名義変更」、「税の問題」など、すべての手続きを私どもにお任せいただくだけで完結することが可能です。

守口市での相続が起こった時は、ぜひ当事務所の無料相談をご利用ください。平日だけでなく、土日の相談にも対応してございます。安心のフリーダイヤルですので、お気軽にご相談ください。

相続の手続き・遺言書の作成・不動産の名義変更など、様々なご相談に素早く・スムーズに対応しております。平日だけでなく、土曜日・日曜日もご相談をお受けしておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

相続相談会のお知らせ

「大阪相続相談所」の手続きにおける各専門家の役割

士業タイプ

財産調査・相続登記・遺言書作成なら司法書士・行政書士

大阪相続相談所へ「相続手続きについて相談しよう」と、お考えの皆様に関係する手続きとしては、不動産など遺産の調査と名義変更が最も多く、これらの手続きのスペシャリストが司法書士や行政書士です。

遺産の名義変更以外でも、金庫から遺言が見つかったり、未成年者や認知症の方が相続人にいたり、被相続人に負債があったりすると、家庭裁判所に所定の申立てを行う必要があります。

相続人が未成年の場合には、家庭裁判所に代理人を選んでもらいます。自筆の遺言が見つかれば、遺言書のチェック(検認)をしてもらわなければなりません。故人に借金が多ければ相続放棄が必要となることもあります。こうした手続きの書類の多くを、司法書士が作成することができます。

将来的な家族間の争いを防ぐために遺言書を作成したい場合でも、遺言の要式が間違っていれば何の意味もなくなってしまいます。遺言作成において専門家による遺言要式のチェックは必須といえるでしょう。

意図しないトラブル等を未然に防ぐためにも、まずは、大阪相続相談所までお問合せください。

相続税については税理士

相続(もしくは遺言書で遺贈を受けた)財産の総額によっては、相続税の申告が必要となります。税理士は、こうした相続税についてのスペシャリストです。

「税金の基礎控除を受けてもなお、課税される」、「申告時に税金の特別控除を受ける手続きを選択したうえで、ようやくゼロ申告となる」などのようなケースに税理士が代理人として申告することになります。また、遺言書作成の段階においても、相続税を考慮にいれた遺言書作成が可能となります。

紛争になってしまったら弁護士

遺産や遺言をめぐって紛争に発展した場合は、裁判所に申立てをし、遺産分割調停をしてもらい、それでも解決しない場合は、裁判を行って決着させることになります。これらの、裁判所の手続きにおけるスペシャリストが弁護士です。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ