相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

家族信託とは?手続き方法・メリットとデメリットを解説!

代表司法書士山田愼一

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。

保有資格:司法書士/行政書士/家族信託専門士/M&Aシニアエキスパート

家族信託とは?家族信託相談について

家族信託とは?

家族信託とは、家族による家族のための信託の仕組みを使った財産管理の一手法のことです。

財産をお持ちの方が特定の目的に従って、その財産を自分の信頼できる家族に託して、管理・処分を任せるという様な仕組みです。

たとえば「高齢者等が判断能力の低下に備えて自身の息子に信託する」などの場合に活用されます。

まさに「家族による家族のための信託(財産管理)」と言えるでしょう。

家族信託の仕組み

では、家族信託の基本的な仕組みについてご説明していきます。

家族信託の仕組みについて説明するにあたって、【委託者】【受託者】【受益者】についてまずご説明いたします。

  • 【委託者】
      資産を託す人
  • 【受託者】
      資産を託される人
  • 【受益者】
      財産の利益を得る人

財産の所有者である【委託者】が、【受託者】に遺言や信託契約によって財産の管理・処分の権限を与えて、【受益者】が財産からの収入を受け取れるようにするというのが一般的な形式になります。

家族信託とは?家族信託の仕組み

【委託者】自身が【受益者】になる場合もありますし、【受託者】【受益者】になる場合もあります。
【委託者】自身が【受益者】になるケースが多い傾向にあります。

委託者自身が受益者になるケースが多い傾向にある

信託と言えば「信託銀行」をイメージする方が多いかと思いますが、家族が管理・処分を担ってくれるので高額な報酬や口座開設料等は一切発生しません。

資産家だけに限らずどなたでも気軽に設計できる仕組みなので、少しでも興味がある方は無料相談でお気軽に家族信託についてご相談ください。

大阪相続相談所を運営するグリーン司法書士法人の代表司法書士である山田愼一は、家族信託についての著書を執筆しており、家族信託に精通したスタッフも在籍しております。

無料相談!時間制限なし!

  • 大阪相続相談所の司法書士に無料相談でお気軽にご相談ください
  • 相続の専門家にお気軽にご相談ください!
  • 大阪相続相談所の司法書士に無料相談でお気軽にご相談ください
  • 大阪相続相談所のコロナ対策1、面談員のワクチン接種率100%
  • 大阪相続相談所のコロナ対策2、相談室の消毒と換気の徹底対策
  • 大阪相続相談所のコロナ対策3、相談室のパーティション
  • 大阪相続相談所のコロナ対策4、全従業員のマスク着用

家族信託サポートプランをご用意

大阪相続相談所では、家族信託をサポートさせていただくプランをご用意しております。

また、司法書士による無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

家族信託提案プランに関して、詳しくは下記ページに書いております。

家族信託のメリット

1. 後見制度に近い形で、より柔軟な財産管理ができる

財産管理目的で成年後見制度を利用する場合もありますが、成年後見制度は負担が重いのです!

たとえば「一回制度を利用するとやめられない」「年一回の裁判所への報告」「生前贈与や相続税対策ができない」等々

家族信託を使い、元気なうちに資産の管理・処分を託しておけば、元気なうちは自分で管理して、判断能力の低下した時点で家族に管理・処分を任せられて安心です。

相続税対策や生前贈与の活用も判断能力喪失後も可能に!!

2. 法定相続の概念にとらわれない「想い」を伝える資産承継ができる

遺言書では描けない様な仕組みも、家族信託を使えば実現できます。

たとえば、2次相続以降の相続人の指定等も可能になります。

3. 不動産の共有問題・将来の共有相続への紛争予防に活用できる

相続の専門家なら必ず共有相続はやめた方がいいとアドバイスするくらい、不動産の共有相続は後々に相続トラブルの火種を残します。

しかし、不動産しか遺産の無い相続の場合等、共有相続を避けて通れない時に「家族信託」を使い、管理処分権限を1人に集約することで不動産をいわゆる「塩漬け」から解放できます。

4. 財産管理(委任)契約と後見制度と遺言の良いとこ取り

下記の4つの働きを1つの「家族信託契約」ですべて実現することが可能です。

  •  判断能力のあるうちから本人に代わり財産を管理・処分する権限を与える 《 委任契約の代用 》
  •  本人が死亡した場合の資産の承継先を自由に指定できる 《 遺言の代用 》
  •  本人の判断能力低下もしくは喪失後における財産を管理・処分する権限を与える 《 成年後見制度の代用 》
  •  遺言では無効と判断されていた2次相続以降の財産の承継先の指定ができる 《 後継ぎ遺贈の実現 》
家族信託とは?委任契約、遺言、成年後見制度の代用と後継ぎ遺贈の実現の4つの働きを1つの家族信託契約で実現することができる

5. 倒産隔離機能がある

受託者の固有財産とは区別されて、仮に受託者が破産しても法的には影響を受けません!これにより安心して財産を託すことができます。

6. 遺産承継方法の柔軟さ

通常の相続の場合は遺産は一括で受け取る事になります。

仮に相続人の中に浪費家の方等がいらっしゃって、一括で渡すのが不安なら、遺言か生前契約で信託を設定すれば分割で渡す等の柔軟な渡し方が可能です。

7. 相続発生時でもスムーズに手続きができる

相続が発生すれば預金等の資産は、一旦凍結されて出金できない等の負担が生じます。

それも生前に信託契約を使い託して、死亡しても信託契約が継続すると設計すれば引き続き財産管理を続けられます。

これにより、預金等の資産が凍結されることなく相続発生時の手続きがスムーズになります。

 家族信託のデメリット

家族信託のデメリットは特にありませんが、強いて言うなら税務的なメリットがないことが挙げられます。

家族信託の判例

ご紹介する判例は、特殊事情により契約内容が認められなかった家族信託の事例です。

平成30年9月12日、東京地方裁判所において、信託と遺留分の関係性の一部分が明らかになった判例です。

家族信託の判例を紹介。特殊事情により相続内容が認められなかった事例

東京地方裁判所は、父が次男に対して行った信託契約の信託財産のうち、一部の不動産に関する信託行為は「遺留分制度を逸脱する意図で信託制度を利用するものであって、公序良俗に反して無効である。」と判決しました。

前提条件

  • 1.委託者である父は末期がんの闘病中で、余命は数日と診断されていた。
  • 2.相続人は長男、次男、長女の3名
  • 3.父は不動産16件ほどと、1億数千万の金融資産を所有
  • 4.死亡の半月前に、全財産の2/3を次男に、1/3を長女に死因贈与する契約書を締結していた。

信託契約書の内容

  • 1.本信託は、後継遺贈型の信託契約
  • 2.信託の目的は「祭祀を承継する次男において、その子孫を中心として管理・運用することにより末永く〇〇家が繁栄していくことを望む」
  • 3.本信託契約は前記の死因贈与契約書締結された直後に、委託者父、受託者次男とする信託契約書が締結
  • 4.本信託契約の信託財産は、16筆の土地建物と金銭300万円
  • 5.信託の内容は、不動産の管理を次男に託し、信託した金銭の中から維持管理に必要な費用を支払い、また受益者の身上監護のために使用することができるというもの。
  • 6.当初受益者は父、父亡き後の受益者は、長男に1/6、長女に1/6、次男に4/6の割合で受益権を取得するというもの
  • 7.受益権の内容としては、信託不動産の売買代金や賃料などの信託不動産より発生する経済的利益を受けることができるというもの

判決について

上記の通り、生前に父は各種対策を行っていましたが、父の死亡後にこの内容を知った長男が、この信託契約は無効であると主張したことから争いが起こりました。

「父は契約当初から信託不動産から得られる経済的利益を分配することを想定していなかったものと認めるのが相当」と判決されました。
その理由は、信託不動産のうち6筆の土地建物は収益をあげていくことや売却をすることが現実的に不可能であり、前述した受益権の内容に記載する信託不動産から上がる経済的利益を受けられないと判断されたからです。

契約内容は一見、遺留分に反していないのですが、実際には経済的利益を分配できないので、この契約書は遺留分を回避する目的の信託契約ではないかということで、裁判所は無効と判断しました。

この判例について

おそらく父は長男に財産を承継したくないので、信託財産の受益権のみ1/6割り当てて、遺留分対策を行ったのだと思いますが、遺留分の対象となる財産は【相続財産+特別受益(生前贈与など)から債務を控除した額】なので、信託財産の1/6だけでは明らかに足りません。

信託契約に長男の名前が入っていなければ信託契約自体は無効にならなかった可能性があるので、長男の名前を入れるべきではなかったと思われます。

想定される遺留分は、信託財産の受益権ではなく、別途生命保険など他の対策を行っておき、請求された時に支払えるように準備しておく方が良かったのではないかと思います。

このことから、遺留分対策にもっと配慮しておく必要があったと言えます。

大阪相続相談所スタッフ

経験豊富な当事務所が積極的に家族信託の仕組みを使い皆様のニーズに応えます!!お気軽にご相談ください!!

家族信託相談をお考えなら

グリーン司法書士事務所の信託コンサルティングメニュー

 各種のオーダーメイドの信託契約の仕組み作り

  •  信託契約を使った財産管理のコンサルティング ( 公正証書を使用した仕組みです )
  •  遺言信託を使った財産管理のコンサルティング ( 遺言公正証書を使用した仕組みです )
  •  受託者のサポート業務 ( 受託者の復代理人としてサポートします )

 家族信託を使った具体例

  •  判断能力低下時もスムーズに相続税対策・資産の移転が出来る
  •  自身の死後、高齢な配偶者や障がいを持つ子を守る為
  •  事業承継の為の信託を使用した財産管理
  •  2次相続以降の財産の承継方法を明確化「遺言代用信託」「跡継ぎ遺贈型受益者連続信託」等

 当事務所の報酬基準

サポート 料金
信託契約スキームコンサルティング 45万円(税込49万5,000円)~(財産の内容で変動します。)
信託提案書作成 7万円(税込7万7,000円)~
信託受益者代理人等の費用 応相談
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。
一般の方向けのセミナーの講師や、司法書士や税理士等専門家向けのセミナー講師も多数手がける。オーダーメイドの家族信託を使った生前対策や、不動産・法人を活用した生前対策が得意である。



代表司法書士山田愼一
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ   事務所について  無料相談の流れ  大阪の地域ごとの相続手続き  SDGsへの取り組み  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  お問い合わせ
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル

相続手続きの
人気検索キーワード