相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

異母兄弟がいることが相続手続で発覚し連絡をとる必要があったケース

実は亡くなった父親に離婚歴があり、異母兄弟の存在が相続手続き中に発覚し連絡をとる必要がある場合はどのように対応すればいいのでしょうか。

相続発生まで連絡をとっていなかった隠し子(異母兄弟)に相続放棄をお願いしたい場合は、専門家が間に入り連絡する事でトラブルに発展する可能性が低くなるので、まずは専門家にご相談ください。

相続人の調査から、連絡まで専門家が行ってくれます。

異母兄弟に相続放棄してほしいと連絡した相続の解決事例

相談前状況

父・信弘さんが死亡。相続人は、子どもの真紀子さんと和樹さんの2名でした。
父親の出生までの戸籍を遡って取ってみると、異母兄弟の聡さんがいることが判明しました。

遺産は不動産(約1,000万円)と預貯金(約2,000万円)でした。

和樹さんは、長年お父さんの介護をしていたため、聡さんには相続を放棄してほしいという意向がありました。

大阪相続相談所のご提案

異母兄弟に連絡を取り、相続放棄手続、もしくは法定相続分での遺産分割手続に応じていただけるか、意向を聡さんに確認してから手続きを進めることをご提案しました。

ご相談の結果

司法書士から聡さんに連絡すると、こころよく相続放棄手続をとっていただけることになりました。

聡さんから相続放棄手続の業務を受任し、裁判所に受理された後、残りの相続人2名で、遺産分割し、司法書士による不動産の登記の名義変更、行政書士による預貯金の解約手続きを行いました。

無料相談!時間制限なし!

  • 大阪相続相談所の司法書士に無料相談でお気軽にご相談ください
  • 相続の専門家にお気軽にご相談ください!
  • 大阪相続相談所の司法書士に無料相談でお気軽にご相談ください
  • 大阪相続相談所のコロナ対策1、面談員のワクチン接種率100%
  • 大阪相続相談所のコロナ対策2、相談室の消毒と換気の徹底対策
  • 大阪相続相談所のコロナ対策3、相談室のパーティション
  • 大阪相続相談所のコロナ対策4、全従業員のマスク着用

異母兄弟がいる可能性が相続手続で発覚したら連絡しましょう。

異母兄弟の連絡先がわからない場合は、相続人の調査が必要になります。

電話番号や住所を調べるには被相続人の戸籍から追っていき、異母兄弟の戸籍を取得する必要があります。このような調査は司法書士や行政書士などの専門家であれば職権で行うことができます。

異母兄弟がいる可能性がある場合は、まず専門家にご相談いただくことをおすすめいたします。

相続放棄とは

相続放棄とは、故人の財産も借金も何も受け継がないこととする手続きのことです。

相続放棄には、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の選択肢があるので、状況によって選択しましょう。

異母兄弟がいる場合の相続相談事例

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ   事務所について  無料相談の流れ  大阪の地域ごとの相続手続き  SDGsへの取り組み  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  お問い合わせ
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル