相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言書の失敗事例

代表司法書士山田愼一

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。

保有資格:司法書士/行政書士/家族信託専門士/M&Aシニアエキスパート

事例1

Aさんは、遺言で事細かに、この財産はこの子に、あの財産はあの子にときちんと振り分けていました。

しかし、自筆であったために銀行口座番号の書き間違いと、財産の書き漏れが発覚することに。

せっかく細かく書いたのに、間違えていた財産や書き忘れていた財産は兄弟の共有となってしまい、遺産分割で兄弟に争いが発生してしまうという失敗例があります。

書き間違いなどでなくても、遺言書を書いた後の人生で、財産が追加となることもあり、それが争いの種になることも。これを防ぐためには、指定されていない残りの財産の帰属先や分け方などを遺言に書いておくことが必要でした。

事例2

Bさんは、兄弟と仲が悪く、兄弟には一切財産を残したくありませんでした。

しかし、Bさん夫婦には子どもがなく、このままでは兄弟に財産の一部が渡ってしまうと思い、妻に全部残すという遺言書を作成しました。

しかし、数年後Bさんは奥さんに先立たれてしまいます。その時にはBさんは認知症になっており、遺言の書き直しはできず、すべての財産が兄弟に渡ってしまうという失敗例があります。

このケースは、まだ良い方で、もしも奥さんもBさんに全ての財産を残すという遺言書を書いていた場合、奥さんの財産も兄弟にとられてしまう、という最悪の結果もありえました。

このケースを避けるためには、条件付きの遺言書を作成すべきでした。「妻がなくなっていた場合には、どこそこに全部寄付する」などが条件付き遺言のよくあるパターンです。

事例3

真山さん(仮名)は、子供のうちの一人と同居していました。同居している子供は、ほかの子供たちがご本人に会ったり、旅行や買い物に連れて行くことに対して、ヒステリックに拒絶し、『会うときは子どもである自分を通さなければいけない』と言って聞きませんでした。

少し極端ですが、親思いの良い子供だと他の兄弟は思っていました。しかしほかの子供たちは、ご本人が亡くなってから会わせない理由が分かったのです。


同居していた子供に全財産を相続させる自筆証書遺言が作成されており、親が新たに遺言を作成するのを阻止するためだったのです。

ほかの子供たちは、遺産調査や遺留分減殺請求に多大な労力を強いられることになりました…。

このように、なんらかの予兆や独り占めなどを考えているような相続人がいる場合には、専門家に相談して進めないとたいていの場合に平穏に相続は終了しません。

結局は、この兄弟も不仲になってしまい、この先長い人生で、ずっとお互いを恨まなくてはいけなくなってしまいます。こんな不幸なことはほかにありません。早い段階で、専門的知識のある司法書士などに相談するのが一番良いと思います。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。
一般の方向けのセミナーの講師や、司法書士や税理士等専門家向けのセミナー講師も多数手がける。オーダーメイドの家族信託を使った生前対策や、不動産・法人を活用した生前対策が得意である。



代表司法書士山田愼一
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ  事務所ご案内  グリーン司法書士法人のご紹介  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問い合わせ
YouTubeチャンネル