相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄をしても賃貸物件に住み続けることはできますか?

代表司法書士山田愼一

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。

保有資格:司法書士/行政書士/家族信託専門士/M&Aシニアエキスパート

ご相談内容

相続放棄をしても賃貸物件に住み続けることはできますか?

専門家からのご回答

結論から言うと、賃借人としての地位も相続財産の一つにあたるため、住み続けた場合、相続放棄ができなくなります。

亡くなった方の名義で賃貸契約を行っている物件に住み続けることは、相続することを認めたことになるため、相続放棄ができなくなってしまいます。
そのため、借金などを相続放棄したいと考えているのであれば、転居をする必要があります。

また、退去をする際に返還される敷金も相続財産に含まれるため、受取ってしまうと相続放棄ができなくなってしまいます。

しかし、現在のお住まいの契約者を、あなたに変更する賃貸借契約が締結できれば、相続放棄ができ、住み続けることも可能です。
その際の手続き等はそれぞれ異なりますので、オーナー様や賃貸会社様に尋ねることをおすすめします。

相続放棄を考えている場合、相続財産を相続人が自分のために使ってしまうと、相続をすることを認めたと裁判所に判断をされ、相続放棄ができなくなる危険性があります。具体的に、どのような行為をしてはいけないのか、どのような行為であれば相続放棄をするのに問題がないのか判断ができない場合は、専門家にご相談下さい。

相続放棄した場合は賃貸物件に住み続けることは難しいです。住み続けた場合は相続放棄できません。詳しくは大阪相続相談所にご相談ください。

配偶者は相続放棄をしても住み続けることが可能

住み続けた場合、相続放棄ができなくなるとお話しましたが、配偶者居住権を利用すると配偶者は相続放棄をしても住み続けることが可能です。

配偶者居住権とは、残された配偶者が被相続人の死亡時に住んでいた建物を亡くなるまで、または一定の期間、無償で使用することができる権利のことです。
「配偶者短期居住権」と「配偶者居住権」の2種類あります。

高齢化が進み、残された配偶者が住み慣れた家で生活を続けていけるように配偶者居住権が創設されました。

配偶者居住権を利用すると配偶者は相続放棄をしても住み続けることが可能です。

配偶者短期居住権とは

配偶者は相続開始の時に、被相続人所有の建物に無償で住んでいた場合には、一定期間(最低でも6ヶ月間)は引き続き無償でその建物に住むことができる権利です。

配偶者短期居住権の成立要件

配偶者短期居住権を利用するには次の成立要件を満たす必要があります。
配偶者居住権と異なり、特別な設定行為は必要ありません。

配偶者が、①被相続人所有の建物に、②相続開始時③無償で居住していたこと

  • ※被相続人と同居していたかどうかは問わない。
  • ※配偶者が、欠格事由に該当、または排除された場合には、配偶者短期居住権は取得できない。
  • ※配偶者が相続放棄をした場合でも、配偶者短期居住権を取得できる。

配偶者短期居住権の存続期間

配偶者を含む共同相続人間で遺産分割をする場合は、遺産分割より「建物の取得者が決まった日」か「相続開始の日から6ヶ月経過した日」のいずれか遅い日までの間です。

上記以外の場合は、建物の取得者による「配偶者短期居住権の消滅の申し入れの日から6ヶ月を経過する日」までの間です。

配偶者短期居住権の権利の範囲

配偶者が、建物全部を無償で使用していた場合には、建物全部について成立し、建物の一部を使用していた場合には、その部分に限って成立します。

配偶者居住権とは

被相続人の死亡時に、配偶者が住んでいた被相続人所有の建物について、配偶者の終身または一定期間、配偶者にその使用を認めることとする権利です。

配偶者居住権は、遺言や遺産分割協議、審判などによって取得することができます。
配偶者短期居住権と違い、配偶者が当然に取得できるわけではありません。

配偶者居住権の成立要件

配偶者居住権を利用するには次の成立要件を満たす必要があります。

基礎的要件

配偶者が、①被相続人所有の建物に、②相続開始時③居住していたこと

付加的要件

  • ①相続人間の遺産分割協議により配偶者居住権を取得するものとされる
  • ②遺言により配偶者居住権を取得するものとされる
  • ③家庭裁判所の審判により、配偶者居住権を取得するものとされたこと

※被相続人が、相続開始時に建物を配偶者以外の者と共有していた時は、配偶者居住権は成立しません。

配偶者居住権の存続期間

原則として、配偶者居住権は配偶者の終身(生きている間)存続します。

しかし例外として、遺産分割協議や遺言などで、終身以外の期間を定めた場合は、その期間となります。
なお一定の期間を定めた場合でも、その期間満了前に配偶者が死亡した時は、配偶者居住権は消滅します。

配偶者居住権の権利の範囲

配偶者居住権は、常に居住建物の全部について成立します。

そもそも相続放棄とは?

相続放棄の選択肢や条件、いつまでに行わないといけないのかなどについて知りたい場合は、下記のページをご参考くださいませ。

▼相続放棄のご相談なら▼

賃貸住宅と相続放棄の相談なら大阪相続放棄相談所

相続放棄のお手続き費用に関しましては、【分割払い】【クレジットカード払い】が可能です!

なぜなら、相続放棄手続きは定められた期間内に行う必要があるので、素早く手続きを行わなければならないからです。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ

山田 愼一

相続の相談件数は業界でもトップクラスの年間1800件のグリーン司法書士法人の代表司法書士。
一般の方向けのセミナーの講師や、司法書士や税理士等専門家向けのセミナー講師も多数手がける。オーダーメイドの家族信託を使った生前対策や、不動産・法人を活用した生前対策が得意である。



代表司法書士山田愼一
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ  事務所ご案内  グリーン司法書士法人のご紹介  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問い合わせ
YouTubeチャンネル