相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

借金を相続しないために

2011.08.02

借金を相続しないために考えられること もし、明らかに借金が大きいという場合には相続放棄を考えます。相続放棄には期間制限があるので、後で後でと思っていると期限をオーバーしてしまうので、十分注意が必要です。期間が過ぎていたとしても何とかなる可能性があります。相続放棄が一番強力な方法なので、ご相談下さい。 借金が大きいのか財産が大きいのか分からないという場合には限定承認を考えます。こちらも期間制限があるので、注意が必要です。 もし借金を相続してしまった場合、考えられることは、まずは時効でないかをチェックします。相手方が業者であれば、5年間で債権が消滅している可能性があります。時効に係っていない場合は債務整理をお考え下さい。 当事務所では借金問題の解決実績も豊富ですので、まずはお電話を。 森山 グリーン司法書士・行政書士事務所 
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ   事務所について  無料相談の流れ  大阪の地域ごとの相続手続き  SDGsへの取り組み  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  お問い合わせ
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル