相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所
無料相談フリーダイヤル0120151305

【相続】遺品整理 後編

2011.08.24

遺品の掃除・修理をしたり、常識の範囲内で整理したりすることは、問題なく行うことができます。保管場所を移したりすることもできます。 ただし、価値のある骨董品と知っていて、故人の死後にそれを売却し、相続人がその利益を得るような行為は「常識の範囲外」と判断される可能性があるので、そういった行為は避けたほうがいいと思います。 要は、過度な利得や悪意(わざと、の意)の隠匿・損壊は相続を承認したと判断されても仕方ないが、資産の調査・整理程度であるならば問題は無い、といった程度に考えていて大丈夫だと思います。 これに関連して、「故人の葬式をしたが、これは相続の承認にあたるんですか?」といったご相談を受けることがありますが、同じように、一般的な費用で執り行われたお葬式であれば問題はありません。 その他、判断が難しい、やっぱり基準がよくわからないといった場合は、当サイトからご相談されるか、故人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所へお尋ねください。【西田】
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
 

一人で悩まないで!まずは無料相談!

0120-151-305

9:00-20:00[土日祝/10:00-17:00]グリーン司法書士法人運営

フリーダイヤルのアイコン
  • お問い合わせフォーム
  • 無料相談の流れ
遺留分について
  相続対策を相談   不動産の相続手続   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   エンディングノート   贈与   相続税   相続の基礎知識   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例   動画コンテンツ   事務所について  無料相談の流れ  大阪の地域ごとの相続手続き  SDGsへの取り組み  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  人気の動画一覧  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  お問い合わせ
遺産相続ガイドブック・贈与契約書ひな形を無料ダウンロード
YouTubeチャンネル