相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

財産を共有名義にしたほうが良いのか

ご相談内容

父が亡くなり、父の財産が不動産しかなかったことから私たち3人兄弟は不動産で相続を分けることになりました。
私の兄は、父の家の隣に住んでいるため将来的に土地を持っていたいという思いがあるようですが、私は東京に住んでいるため将来的には売却を考えています。

とりあえず、相続で揉めたくはないため、名義上不動産を3人の兄弟で均等に分けようということになってしまいますが、実際に不動産の管理や固定資産税のことを考えると、すぐに売却したいと思っています。

どのようにするのがよいでしょうか?

専門家からの回答

相続財産を共有名義にすることは、おすすめできません。

不動産の名義のみを共有することは確かに平等に分けることができると思われるかもしれません。しかし、それ以上に様々なリスクがあります。

共有名義にするリスク

  • ① 売却や処分をする際に大変
    不動産を売却したり処分したりする場合には、共有名義となった方の同意が必要になります。
  • ② 名義人が亡くなった場合・・・
    兄弟間で名義を共有している打ちはそこまで大きな問題にはなりません。しかし、もし兄弟が亡くなってしまった場合、今度は、姪、甥にあたる方が相続人になったり、さらに遠い親族と共有していくことになり、いざ売却をする際などには大きな障害となります。
  • ③ 管理費用の問題
    使わない不動産を持っている場合でも、固定資産税だけでなく、管理費用が発生します。

共有名義にした場合、もっともよく起こってしまうことが、不動産が塩漬けになってしまうことです。せっかくの財産が不幸にも塩漬けになってしまわないためにも、共有名義にせずに、減欣也残りの財産で分けていくことが良いといえます。

相続で発生した土地や家などの不動産に関わるこんなお困りごとはありませんか?
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ