相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

単純承認

1) 単純承認とは

単純承認とは、相続人が故人のプラスの財産(不動産や預貯金)だけでなく、マイナスの財産(借金など)もまとめて受け継ぐことをいいます。

2) 単純承認のデメリット

単純承認は、財産も借金もまとめて受け継ぐので、マイナスの財産が大きければ、思いがけずに多額の借金を背負ってしまうということも考えられます。そして、この単純承認は、「何もしなければ、必ず単純承認となる」という落とし穴も包含しています。確かに、現在、相続のほとんどが単純承認であるということが司法統計で出ており、おそらくその大半は何も問題がないケースかもしれません。しかし、自分は大丈夫かどうかは、調べてみなければ分かりません。少しでも心配だというときは、ご相談下さい。

3) 単純承認になってしまうのは

なにもせずに一定期間(通常は自分が相続人であると分かった後3ヶ月間)過ぎると自動的に単純承認したことになりますが、そのほかに,「故人の財産を使ったり、隠したり、捨てたり」しても単純承認をしたことになります。故人の財産を扱う場合は、細心の注意が必要です。

4) 借金を相続しないために

放っておくと相続してしまう借金は、故人が借りたものだけではありません。故人が「保証人」になっている場合には、保証の義務も受け継いでしまいます(一定の保証債務は受け継ぎません)。特に保証の場合には、本人ですら失念してしまっていることもありますので注意が必要です。

こうした借金を相続しないためには,「相続放棄」または「限定承認」をする必要があります。相続放棄や限定承認ができるのかどうか、どうすればいいのか、少しでも不安がある方は一度お問い合わせください。

大阪相続放棄相談所

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ