相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続税について

相続税イメージ
相続に強い税理士陣
相続税計算シミュレーションイメージ
生前対策を当事務所に相談されたほうが良い理由

生前対策の専門家の代表と言えば、税理士を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、生前対策を専門で行うことができるのは、司法書士、弁護士、税理士です。
これらの資格者は、「行うことのできる業務」が異なるため、お客様の相談に対して目指す方向性や提供できるサービスが異なります。

生前対策を行う理由で、お客様の声の中から最も多くいただくのが、

「将来のトラブルや揉め事を避けるため、安心して円満に相続を迎えたいため」

と言うものです。

相続税対策や節税対策を行っていたお客様の中でも、トラブルや揉め事が起こらないような対策をしっかり行っていなかったばかりに、「相続税・節税対策は行っていたが、いざ相続が始まると家族の中で折り合いがつかず、結局裁判になりそうで大変」というお客様を何度も見てまいりました。

司法書士が生前対策や相続を行う際には、「相続争いをせずに遺産を分けること」を最終的なゴールに設定します。
相続対策をきちんと包括的な視点から行う役割を、司法書士が担っております。

*

1. 司法書士と弁護士、税理士の違い

弁護士バッヂ

弁護士
遺弁護士は「訴訟」の専門家であり、相続における弁護士の主な業務は、相続人の代理人としての交渉や訴訟です。相続で双方の主張が並行するときに、代理人として裁判業務を請け負うのが弁護士です。遺産分割の訴訟や遺留分の減殺請求をする際に、依頼される方が多いです。

税理士バッヂ

税理士
税理士は「税務」の専門家ですので、相続税申告のサポートが主な業務となります。生前対策においては、税理士の仕事は主に節税のサポートですが、税法に沿った提案を行います。

司法書士バッヂ

司法書士
司法書士は、相続人が争わず、いかに円満に解決するかを考える資格特性があります。
ここでは、相続税申告について、相続税の仕組みと申告から相続税早見表をご説明します。
当事務所の協力税理士がおりますので、相続税のご相談も承ります。

 当事務所の生前対策ワンストップサービス

当事務所では信頼できる相続に強い弁護士や税理士と協力し、案件を解決してまいります。司法書士、弁護士、税理士それぞれの資格に、それぞれの特性があります。
その特性を生かしてご提案していくことで、民法(相続人同士で争わないこと)と税法(節税対策)のバランスが取れた生前対策を検討していくことができるのです。
生前対策を行うことは重要ですが、もっと重要なことは、それにより相続発生後に金銭的、人間関係的にメリットを生み出すことで初めて効力があるものです。

生前対策コンサルティング

相続税対策もバッチリ0円 争族対策専門!30万円
ヒアリング
簡易財産調査
相続税簡易診断
争続対策案策定 -
相続税対策案策定 -
生命保険のプラン策定 - -
遺言書作成 - -

 相続税・贈与税改正のポイント

平成25年度、相続税の改正が決まりました。平成27年よりこの改正が施行されます。そこで、以下にポイントをまとめましたのでご確認ください。

 相続税のしくみと申告

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合に発生します。ただし、相続には基礎控除があるため、税務署に申告が不要なケースがあります。

 相続税の課税対象財産

相続の手続きで最も重要な事は、相続税がかかる財産を把握することです。相続税の課税対象となる財産は複数あります。

 相続税評価額の算出

相続税の申告で最も厄介なのは、この相続税評価額の計算であり、かなりの専門知識が要求されます。ここはプロの力を借りる事が無難でしょう。

 相続税早見表

相続税って実際どれくらい課税されるのか?そんな質問をよく耳にします。配偶者がいる場合と配偶者がいない場合での、ざっくりとした相続税額を一覧表にしました。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ