相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄Q&A

相続された方はプラスの財産(預貯金、不動産など)も、マイナスの財産(借金など)も引き継ぐことになりますが、家庭裁判所に申述することにより、すべての財産を放棄する手続きです。

  •  不動産や預貯金などよりも、明らかに借金のほうが多額の場合
  •  相続に関する紛争を回避したい場合
  •  特定の人に相続財産を集めたい場合

  •  一度、相続放棄してしまうと撤回することは、基本的にはできません。そのため財産の調査は、慎重に行う必要があります。
  •  相続財産を売却、消費、損壊、破棄などを行なってしまうと、すべての相続財産を引き受けたことになる可能性があります。
  •  相続の開始があったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述する必要があります。ケースによっては、3ヶ月の期間を伸長してもらえる場合があります。
  •  相続放棄をすると、次順位の相続人に受け継がれます。そのため、次順位の方の相続放棄が必要となる場合があります。

相続放棄は、相続人1人ですることができます。申立期間の「相続開始を知ってから3ヶ月以内」も、1人ずつ判断されます。

相続放棄は、生前にすることはできません。

大阪相続放棄相談所
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ