相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄の期間

こんなことでお悩みではないですか?

  •  ずっと離れて暮らしていた父親が亡くなったと、いきなり連絡が来たが、父親は借金を負ったまま亡くなったそうだ。どうしよう・・・?
  •  亡くなった弟には借金がたくさんあることは知っていたが、最近、弟の債権者から「替わりに支払え」と言われている・・・。
  •  父親は手広く事業をしていたので、資産と借金がいくらあるのかよくわからない。調べるにしても時間がかなりかかりそうだから、その間に3ヶ月過ぎてしまいそう・・・。

相続放棄ができる期間は原則として「自分が相続人になったと分かったときから3ヶ月」です。
「3ヶ月では、相続する財産や負債がどれだけあるのか調査が終わらない」といったような場合は、家庭裁判所に申立てをし、期間を伸長することも可能です。
また、場合によっては「借金などのマイナスの財産(もしくはプラスの財産)がある場合で3ヶ月を超えてしまっていても」、相続放棄が可能な場合があります。

要するに、「財産も負債もすべて相続する」もしくは「プラスの財産の限りでマイナスの財産もすべて相続する」か、「財産すべてを放棄する」の3つしか選択肢がないと言えます。

ただし、「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」にあてはまるかどうかの判断は、裁判所で個別に行われますので、注意が必要です。

しかし、「亡くなったかたの負債は、亡くなってから3ヶ月を過ぎると相続人が代わりに支払っていかなければならない」と判断してしまうのは、やはり早計といえるでしょう。皆様のそれぞれの事情によって、この「3ヶ月」の期間がスタートする時期が変わってくるためです。

故人が亡くなってから3ヶ月以上〜数年が経過した後に、いきなり督促状や請求書が送付されてきた、などの場合で相続放棄をご検討されるのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

大阪相続放棄相談所
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ