相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

生前贈与・贈与税

前述の、相続税の課税対象となる資産は、「故人の死亡日における財産」ですので、相続が発生してから節税方法を検討することは、実際のところ不可能です。そのため、相続が発生した際に相続税が課税されないように、生前贈与を中心とした、節税対策をご検討される方もいらっしゃいます。

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、贈与税については、1年間の財産の贈与額が110万円を上限として基礎控除があります。
言い換えると、年間で110万円までなら、その贈与については課税されず、税務署に対する申告も不要となります。

このほか、「配偶者控除」を利用する方法があります。条件としては、

  •  婚姻期間20年以上の配偶者(夫・妻)からの贈与であること
  •  居住用不動産もしくは、居住用不動産を取得するための金銭の贈与

であることです。上限2000万円までは、課税価格から控除できます。

また、「相続税清算課税制度」も、節税対策として選択される方がいらっしゃいます。この制度は、贈与者が「親」で、受贈者が「子」に限定されている点が大きな特徴です。

贈与する財産の内容や、贈与する回数等は制限されておらず、上限金額までは贈与税が課税されず、上限超過分には20%の贈与税が課税されるという制度です。
相続時精算課税制度は、その名のとおり「相続時」に、「精算する」制度です。つまり、生前に贈与しているもかかわらず、相続発生時に「贈与時点の評価額」で「相続財産」として算定される、という制度です。

  •  価値が上昇する可能性がある財産
  •  収益物件などの収益力がある財産

などに関して、特に有効だと思われます。
相続税は、基礎控除額が大きいので、たとえば相続時精算課税制度を利用し、親から子へ上手に生前贈与をしていれば、相続時に税金が課税されずに済む、という節税効果が期待できます。

これらの基礎控除や各制度は、相続税・贈与税に関する一例ですが、この他にも税金に関する各種控除の制度を利用して、できるだけ余分な税金を納めないようにする方法を検討する必要があります。

実務上、相続税の申告は、相続手続の最終段階になります。
最初に相続税が気になって、ご相談に来られるお客様も多くいらっしゃいますが、相続税が発生するかどうかは、遺産調査、財産評価を終わらせてからでないと、正確な把握ができません。

大阪相続相談所では、これらの相続税・贈与税対策について、豊富な経験と知識を持った税理士と協力してサポートさせていただきます。
最終的に相続税が発生する場合で、申告を税理士に任せたいとお客様から依頼があった場合には、速やかに税理士をご紹介致します。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ