相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

債務整理・過払い請求

被相続人が残した借金やローンなどの「マイナスの財産」は、「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」に相続放棄の申立てをしない場合、原則として相続人が借金を継承します。

しかし、単純に借金と言っても、亡くなられたかたの借金の調査(貸金業者から取引明細を取り寄せ、正しい利息で再計算をする 等)をしてみると、実務的には、法の上限を超えるような金利で、長年のあいだ支払いを続けておられたかたが、思いのほか数多くいらっしゃるのが実情です。

そのため、たとえば貸金業者と故人との契約上、残っている借金が75万円となっている場合であっても、故人が最初に借入れをした日から、最後の取引日までの利息を利息制限法に基づいて再計算をすると、実は120万円以上の過払い金があり、結果として相続人が故人を相続することによって、貸金業者から過払い金を取り戻すことができた、などの事例があります。

以上のことから、プラス財産とマイナス財産のバランス、仮に相続放棄をせずに、故人を相続してから、貸金業者に過払い請求をした場合、いったいどれくらいの金額を請求できるのか、もしくは故人の債務を、法に基づいて整理する交渉を貸金業者とした場合、どれぐらい借金が減額できるのか・・・など、3ヶ月中に検討する事項は多岐にわたる場合があります。

ご自身で判断することが難しいと思われる場合は、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

なお、債務整理・過払い請求などに関しては、下記サイトでもご相談を承っております。

大阪相続放棄相談所
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ