相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

未登記建物の相続

ご相談内容

相続した家が、登記がされていないものでした。
亡くなった自分の親の家であることを証明することはできるのでしょうか?また、相続することはできるのでしょうか?

専門家からの回答

相続する建物でも融資が行われていない場合は、登記を行っていない可能性があります。未登記建物を亡くなった方が所有をしており、相続財産の一部になった場合には、一度建物の登記をしてから分ける必要があります。

まずは、誰にどのように分けるかを相談し、通常相続が発生したときと同じように、遺産分割協議書を作成します。そのあと、建物の登記を行う必要があります。建物の登記を行うのであれば、司法書士と土地家屋調査士が必要ですので、是非ご相談ください。

相続で発生した土地や家などの不動産に関わるこんなお困りごとはありませんか?
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ