相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

面倒な預貯金の名義変更手続きが大量にあり、困っているケース

解決事例イメージ

相談前状況

加藤さんは、自分の母静江さんが亡くなって、相続が発生したために、当事務所に相談に来ました。相続人は父親省吾さんと自分と妹の美紀さんの三人でした。
相続することになる財産を少し調べてみると、母親が遺した預貯金や有価証券などの金融資産は、複数の金融機関に預けられており、全ての財産を特定し、また、それぞれの預貯金の名義変更を行うことが非常に大変であることを、非常に悩んでいました。
そして、父親省吾さんも高齢であったので、将来的に父親が亡くなった後の更なる相続が必要になることを考えると、母親の遺産は加藤さんと美紀さんが相続するのがよいと考えていましたが、その方法も含めて専門家に相談するために、ホームページで検索して大阪相続相談所に相談にいらっしゃいました。

当事務所のご提案&お手伝い

相談者の状況を入念にヒアリングした結果、まず、父親の余計な手続き負担をかけないようにするために、家庭裁判所に対して3ヶ月以内に父親の相続放棄を申請しました。そうすることで、相続を自分と妹で行うことができ、スムーズに手続きを進められました。また、それ以外の様々な名義変更については、全て当事務所の専門家が代わりに行うように依頼をしていただくことになりました。

相談後の状況

膨大な事務量がかかる戸籍取得手続きから、裁判所への相続放棄申述手続、その後の、相談者と妹様との遺産分割協議書作成手続、金融機関の財産調査から名義変更までの一連の手続きを、当事務所が行うことで、お二人の相続手続きにかかる負担を大幅に削減することができました。

ご相談解決事例一覧

 仲の悪い兄弟同士で土地を相続するとトラブルになるために土地を売却して現金を分割したケース

 遠方にある相続した土地が曽祖父の名義になっており、長い間名義変更されていなかったケース

 亡くなった父親には離婚暦があり、その隠し子(異父兄弟)との相続をするケース

 証券(株式)会社の口座を名義変更したケース

 相続人同士で被後見人と後見人の間柄になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース

 父親が遠方の銀行に口座をもっており、その口座の預貯金の解約手続をしたケース

 父親が遠方の銀行に口座をもっており、その口座の預貯金の解約手続きをしたケース

 亡くなった父親には実は離婚歴があり、その隠し子(異母兄弟)との相続をするケース

 疎遠な相続人同士で不動産を相続するとトラブルになるために売却する前提で、現金分割したケース

 遺言はないが、配偶者と、前夫との間の子の遺産争いにせず無事に解決できたケース

 証券(株式)会社の口座を解約(新設)したケース

 遺言の内容を誰にも知らせたくないという要望で(公正証書)遺言を作成したケース

 不仲な娘への相続分を少なくするために生命保険を活用した事例

 面倒な預貯金の名義変更手続きが大量にあり、困っているケース

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ