相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言の内容を誰にも知らせたくないという要望で(公正証書)遺言を作成したケース

解決事例イメージ

相談前状況

遺言者は70歳の女性トミさん。推定相続人は子の悟さんと長女彩さんでした。
彩さんは、亡夫から多額の生前贈与を受けていたのに、感謝の気持ちも無く、実家に寄り付こうともしません。それに引きかえ、悟さんにはこれまで何も財産を遺してあげれていなかったことを悔やみ、悟さんに財産を残したいという意向がありました。

当事務所のご提案&お手伝い

生前贈与をすると、多額の贈与税がかかるので、遺言で悟さんに財産を遺すようにアドバイスをしました。公正証書であれば、作成の際の秘密が保持され、保管も公証役場でされるため安全です。また、遺言の執行もスムーズなうえに、他の相続人の同意や協力なども必要がないため、自筆遺言ではなく、公正証書遺言をお勧めし、作成の手続きを行いました。

相談の結果

トミさんの希望通りに遺言を作成することができました。
また、予想される遺留分対策も可能な限り行うことができた。

ご相談解決事例一覧

 仲の悪い兄弟同士で土地を相続するとトラブルになるために土地を売却して現金を分割したケース

 遠方にある相続した土地が曽祖父の名義になっており、長い間名義変更されていなかったケース

 亡くなった父親には離婚暦があり、その隠し子(異父兄弟)との相続をするケース

 証券(株式)会社の口座を名義変更したケース

 相続人同士で被後見人と後見人の間柄になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース

 父親が遠方の銀行に口座をもっており、その口座の預貯金の解約手続をしたケース

 父親が遠方の銀行に口座をもっており、その口座の預貯金の解約手続きをしたケース

 亡くなった父親には実は離婚歴があり、その隠し子(異母兄弟)との相続をするケース

 疎遠な相続人同士で不動産を相続するとトラブルになるために売却する前提で、現金分割したケース

 遺言はないが、配偶者と、前夫との間の子の遺産争いにせず無事に解決できたケース

 証券(株式)会社の口座を解約(新設)したケース

 遺言の内容を誰にも知らせたくないという要望で(公正証書)遺言を作成したケース

 不仲な娘への相続分を少なくするために生命保険を活用した事例

 面倒な預貯金の名義変更手続きが大量にあり、困っているケース

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ