相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

子供たちで遺産分割協議をするのが難しいと思われる場合

ケース2 子供達で遺産分割協議をするのが難しいと思われる場合

故人が遺言書を遺しておかなかった場合,ケース1と同様,相続人はどのように遺産を分割して誰が相続するのか協議(遺産分割協議)して決めることになります。

私共が相談を受ける案件の中には,相続人である子供達が不仲で,協議することが難しいというケースが非常に多いのです。配偶者や周りの親族が干渉してきて,その結果、感情的にエスカレートして,兄弟姉妹間でも骨肉の争いになることは珍しいことではありません。

このようなケースに接する度に,親御さんが遺言を作っておけば,子供達同士が憎しみあうような事態は避けられたと思います。多くのケースで、親が遺言を作っておけば,子供達は渋々ですが、その遺言に従うのです。
しかし、遺言がなく,遺産分割協議がまとまらない場合には,家庭裁判所による調停又は審判に委ねられます。こうして、弁護士(紛争解決の専門家)に依頼する場合,ケースによって異なりますが,相続人1人につき約100万円単位の費用がかかり、解決までに1、2年程がかかることも珍しくないそうです。
精神的にも、肉体的にも、金銭的にもデメリットしかありません。やはり、遺言は作成しておくべきです。

遺言を作っておきべき人たちの事例
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ