相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄をしてしまうと、死亡退職金は受け取れませんか?

ご相談内容

相続放棄をしてしまうと、死亡退職金は受け取れませんか?

専門家からのご回答

死亡退職金の受取人は、相続放棄を行っても受け取れる場合と受け取ることができない場合があります。

というのは、生命保険金が相続財産に含まれるかどうかで相続放棄をしても保健が受取れる場合と逆に受取れない場合があるということです。

死亡退職金が相続財産に含まれるかどうかで、認識が異なります。

相続放棄をしても退職金を受取れる場合

たとえば公務員の場合、国家公務員退職手当法や条例で死亡退職金の受取人が決められています。

このように、死亡退職金が定められている場合は、相続ではなく、固有の権利によって死亡退職金を受け取ることができます。
つまり、受取人が法律や会社の退職金規定等の内規で定められている場合は相続の対象にならない、つまり相続財産に含まれません。
ですから、相続放棄をしても死亡退職金を受け取ることが出来ます。

相続放棄をすると退職金が受取れない場合

生命保険契約または約款により、被相続人が保険金受取人となっているときには、相続放棄をすれば保険金を受け取ることはできません。
保険受取人であるべき被相続人(亡くなった方)の財産を相続することで保険金を受取る権利を持つことになるため、相続放棄をする場合は、保険金も合わせて放棄をすることになります。の保険金請求権を相続することにより、保険金を受け取る権利を持つことになるからです。

保険約款の内容によって受取れるか受取れないかが決まる場合

単に「遺族」としてのみの記載である場合や「相続人」に支給するという退職金規定の場合は、判断が分かれています。
このように退職金規定の読みこみ、判例・裁判例の研究をして、実情に応じた法令・判例・裁判例のあてはめなどが必要となり、専門家でなければ対応が困難です。

また、会社員で規定がない場合、裁判所の審判例次第では相続財産とされてしまうこともあります。

当事務所はそれらの判断・対応をサポートし、税金面については協力税理士と連携してサポートが可能です。

気をつけなければ、相続放棄もできなくなってしまう!

被相続人が受給権者と定められてしまっている場合は、退職金は相続財産に該当します。受け取ると相続放棄が出来なくなりますので、ご注意下さい。

個別の状況により退職金を受け取っても相続放棄に問題がない場合と、受け取ってはいけない場合があります。判断が難しい場合は、相続放棄の専門家である当事務所に一度ご相談ください。

当事務所はそれらの判断・対応をサポートし、税金面については協力税理士と連携してサポートが可能です。

大阪相続放棄相談所
 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ