相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

空家の相続

2016.11.15

近年は親と同居をされるご夫婦は確実に減ってきていると思います。
そういう私自身も現在は親と同居はしていません、親は家を所有しているが子供夫婦も別で自宅を所有しているという割合はかなり多いでしょう。
そういう場合にご両親ともにお亡くなりになった場合は一定数の方は売却してその金銭を遺産分割するという選択肢を取られますが、相続人同士の仲が悪かったりで中々売却も進められずに空家のまま放置する場合や、相続した物件が田舎にあり中々買い手が付かずに空家のままで放置する場合等が増えてきています。

空家のままで置いておくとどんなデメリットがあるのでしょうか?
①庭木や雑草等の手入れの負担
②火事等のリスク
③固定資産税の負担
etc...
その他も様々なリスクがあるでしょう。
対策としては先程の売却という選択肢、その他にもリフォーム等をして賃貸物件として所有したり様々な有効活用の方法があります。
折角のご両親が残してくれた財産を少しでも自分たちの為、社会の為に活かす。そんなお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

司法書士山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ