相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

マイナンバー制度施行と相続

2016.03.07

マイナンバー制度の施行にともない、タンス預金用の「金庫」が売れまくっているそうです。
2015年10月に施行されたマイナンバー制度。
いずれ、個人資産情報が国に完全に捕捉されてしまう、という危機感からの動向だと思いますが、
金庫に入れないといけないような多額の資産がタンス預金されている、という流れができあがってしまうと、
そのタンス預金を目当ての犯罪が増加してしまいそうで、心配ですね。

なお、たとえば資産家がお亡くなりになり、その相続人から相続税の申告がされると、
税務署は、申告のあったご家庭の相続人全員の銀行預金を調査することは可能のようです。

ということは、亡くなった方がどれだけタンス預金されていたとしても、お亡くなりになった後に
税務署が色々と調べることで、タンス預金の存在が明らかにされてしまう可能性は十分考えられると思われます。
もちろん、こういった調査を受けたくないという理由で、相続税の申告を怠ると脱税となるでしょうから、
結局、節税はできるとしても、発生した税金はきちんと納めるしかない、と言うことだと思います。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ