相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

財産分与と税金

2016.02.27

本日は離婚の際の財産分与と税金について、その内の不動産について記載します。
例えば夫婦であったAさんとBさんが離婚。Aさん名義の不動産を財産分与でBさんが取得する事になった場合と仮定します。
①登録免許税・・・課税されます。(固定資産税評価額の2%)例えば100万円の不動産なら2万円かかります。
②贈与税・・・原則非課税です。どういう場合に例外として課税されるかというと、通常の財産分与と比較して分与する額(不動産の価値)が大きすぎるような場合や離婚自体が贈与税回避や相続税回避であるとみなされる場合です。
③不動産取得税(貰う側)・・・原則課税です。慰謝料のかわりや養育費代わりの取得等は勿論課税です。 一定の場合は非課税になる場合があります。財産分与が夫婦共有財産の清算を目的としてなされた場合等です。
④譲渡所得税(渡す側)・・・原則課税です。しかし実際に貰う側も居住を続ける場合が多く、控除を受ければ結果非課税になる場合が多いです。
以上、財産分与と税金についてでした。

司法書士山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ