相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

血縁より法律上の親子関係を優先

2014.07.18

興味深い判決がでました。 結婚中の女性が妊娠した場合はその夫の子供であると民法では推定されます。
今回だされた判決は「夫と子どもの間に生物学上の親子関係がないことが科学的証拠により明らかで、子どもが妻と血縁関係にある父親の下で順調に成長しているという事情があっても、子どもの身分の法的安定を維持する必要がなくなるわけではないので、『嫡出推定』が及ばなくなるとは言えず、親子関係を取り消すことはできない」というものです。簡単にいうと、血縁関係のある父親ではなく法律上の親子関係の方が優先するという事です。
今回のケースは賛否両論あるようで、最高裁でも意見は分かれていたのですがこちらの考えが多数という事で採用されました。
子供の視点からはどうなのでしょう?複雑な心境ではないでしょうか。
今後同様の事例の裁判があれば上記判決に拘束される部分はありますが、やはり子供の視点に立ち一番その子にとって良いと考えられる判断を司法がしてくれることを期待します。

司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ