相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

一人合名会社の利益相反取引

2014.07.10

相続税対策の際に法人を設立してその法人に不動産の所有権等を移転していくというのはよくあるパターンなのですが、合名会社を使用した場合にこんな事例がありました。
一人のみが社員(この社員の意味合いは一般的に使用される「社員」ではなく合名会社の場合は役員兼出資者的な意味です。)の合名会社とその社員間での不動産の取引の場合に、①その取引は利益相反取引となるのでしょうか?
更に問題となるのは②仮に利益相反取引となった場合の、所有権移転登記に添付する社員総会議事録は誰を承認者とすれば良いのでしょうか?
答えとしては、合名会社の場合、会社法の利益相反取引の承認については取引する社員以外の社員を守る為の規定であり、一人社員合名会社の場合はそもそも利益相反取引とならないと私は考えます。
①については利益相反取引にはならないというのが私の私見です。
そうなると②については添付不要ですので考える必要はないとなります。
只②については毎回法務局との打合せは必要かと思います。色々調べたのですがずばりの先例もありませんので注意が必要です。

司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ