相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

限定承認とは?

2014.04.30

 限定承認(げんていしょうにん)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続することをいいます。
 相続財産をもって負債を弁済した後、余りが出ればそれを相続できるというものです。負債を相続したくないときに使われる制度ですが、手続きが複雑なため、相続放棄に比べ、利用数は少なくなっています。なお、相続人であることを本人が知った日より3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)、単純承認とみなされます。

 限定承認の手続きは期間内に相続財産の目録を作成して家庭裁判所に提出し、限定承認する旨を申述しなければなりません。
相続人が数人あるときは、共同相続人の全員が共同して手続きしなければなりません。         司法書士 中川 徳将

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ