相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄とは

2014.04.09

相続放棄とは、被相続人の残した財産や権利を相続せず、また債務があった場合でも一切相続しないことをいいます。
仮に、被相続人(亡くなった)が多くの借金を残して亡くなった場合に、その相続人が借金を相続しないといけない、ということであれば、その相続人の生活が成り立たなくなり、最悪の場合は自己破産するしかない、といったようなことになってしまいますので、相続放棄という手続きが法律で認められているのです。

相続放棄は、家庭裁判所に申述して行われます。口頭や書面で、他の相続人に「財産は相続しません」「債務は相続したくありません」と伝えるだけでは、相続放棄をしたことにはなりませんのでご注意ください。
家庭裁判所の審理の結果、相続放棄が受理されると、相続人は初めから相続人でなかったことになります。

相続放棄は、各相続人が「単独」で行うことができますが、亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に、原則、相続放棄を裁判所に申し立てする必要があります。
ただし、この3ヶ月以内に相続放棄をするかどうか決めることが出来ない事情がある場合は、家庭裁判所に申述することにより、この3ヶ月の期間の伸長が認められる場合があります。

また、相続人に未成年者(または成年被後見人)がいらっしゃる場合は、その法定代理人が代理して申述することができます。              中川 徳将

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ