相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

単純相続みなし

2014.03.30

本日、相続放棄をご依頼いただいたお客様から掲題の単純承認みなしについてのご相談を頂きました。

皆さんの中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、将来的に相続放棄を考えていても、被相続人の財産を処分するなど、外形的に見て相続をしたとみなされる場合、相続放棄は基本することができなくなります。

その根拠となるのが民法921条にあたりますが、うーん・・・期間経過は別として結構抽象的です。

どういった行為がその単純承認みなしに当たるのでしょうか。

正直わかりません(汗)。

と、言いますのも、その判断には様々裁判例があって、その事情事情で変わっってくるからです。
今日も相談されましたが100%大丈夫とはとても言えませんでした。ま、ほぼほぼ大丈夫でしょうとはお答えさせていただきましたが・・・。

基本的に、相続放棄をお考えの方は遺産に関してはできるだけ関わらないようにすることをお勧めします。

司法書士 安江淳

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ