相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言能力

2014.03.07

こんにちは、司法書士の中川です。

本日は「遺言能力」について検討したいと思います。

遺言は自分の意思を書面に残しておくものですので、原則として誰でも作成することが出来ますが、以下に該当する者が作成した遺言書は遺言能力がないものが作成したとして無効となっています。

・満15歳未満の者が作成した遺言書(民法第961条)

・精神障害などで判断力がない者の遺言書(民法第963条)

・代理人(親など)による遺言書

被保佐人、被補助人は遺言能力があると原則認められていますので、単独で遺言書を作成することが出来ます。

また、成年被後見人であっても、判断力があると認められている場合は(一時的に判断能力が回復している場合)、医師2人以上の立会いのもと、一定の方式に従うことで遺言することが可能となっています。例えその後に判断能力を欠く状態になったとしても遺言の効力には影響はありません(民法第973条)。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ