相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

財産ってどうやって分けるの?

2014.01.09

財産はどうやって分けるの?

【遺言書がある場合】

遺言書がまず優先されますので、遺言書の内容に沿って財産が振り分けられます。ただし、子、直系尊属には遺留分があります。兄弟姉妹には遺留分はありません。

【遺言書がない場合】

 相続人全員による話し合い(遺産分割協議)により、財産の取得者を決定します。また、相続人に意思能力がない者、未成年者がいる場合は、それぞれ「成年後見人」「特別代理人」の選任を、裁判所に申し立てて選任してもらう必要があります。事案の内容にもよりますが、この手続きには一般的に2~3ヶ月ほど要します。遺産分割の話し合いがスムーズにまとまらないことが事前に予想できるのであれば、遺言書の作成をお勧めいたします。     

司法書士 中川 徳将

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ