相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言書を作成しておいた方が良い場合

2013.12.24

司法書士の中川です。今日は遺言書を作成しておいたほうが良い事例を検討してみたいと思います。

私は今まで争族問題や相続手続きに疲れた多くの方をご支援してまいりましたので、基本的に財産の多寡などに関わらず遺言は書いておいたほうが良いと考えています。

その中でも、一般的に専門家が遺言作成を強くすすめる事例を挙げてみたいと思います。

①夫婦の間に子供がいない場合

②再婚をし、先妻の子と後妻がいる場合

③内縁関係の場合(籍を入れていない。)

④事業を経営していたり、農業をしており、財産を分散させたくない場合

⑤相続人が全くいない場合

少しでも思い当たる方は、ぜひご相談だけでもお越しくださいませ。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ