相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

限定承認の注意点

2013.12.20

本年も残すところあと少しとなりました、一年間様々な事がありましたが本当に公私とも勉強させて頂いた一年でした。

さて、限定承認についてですが、「相続」が発生した時に債務がプラスの財産より明らかに大きければ「相続放棄」という手続きを踏めばそもその相続人で無かった事になり後はもう知りません!と開放される事になります。

では、プラスとマイナスの財産のどちらが大きいか判明しない場合はどうするのでしょうか?その場合は「限定承認」という手続きがあります。この手続きを使うとプラス財産の範囲でのみ債務を支払えばよいという事になります。

じゃあ、そんな場合は全部この限定承認を使えばよいかというと、確かに使って良かったーというケースもありますが、「税法」の事も頭にいれて使用するか決めないと思わぬ税負担に「えっ!」となる事も・・。

詳細は記載しませんが、限定承認を使用した場合は、簡単に言うと「相続発生時に、被相続人が全財産を譲渡したものとみなす」ということになり単純承認した場合に使えた譲渡所得税の控除が使えなかったりという場合が発生するからです。

実際、実務で限定承認を使う事は珍しいですが上記の様な事もその大きな理由です。

 

司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ