相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

住宅取得等資金の贈与税の非課税制度

2013.11.27

相続税が平成27年1月から増税されることになり、相続税対策の一環として、「生前贈与」に関するご相談が増加してきていますが、親から子へ生前贈与をしたい場合、子の住宅ローンのコストを減らすことのできる制度があります。

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」という制度で、「父母や祖父母から、住宅購入資金の贈与を受けた場合、ある一定の要件を満たせば一定額まで贈与税が非課税になる」制度です。

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」の要件を満たし、利用することができれば、省エネ住宅以外の一般住宅の場合、平成26年中は500万円まで贈与税が非課税です。

贈与する側にとっては自身の資産を減らしながら、お子様に財産を移転することができますので、相続税対策となり得ます。

また、お子様からすれば、購入頭金を多く準備できることにより、長期的な視点に立てば住宅ローン金利を抑える効果があります。

もし利用できるご家庭状況であれば、積極的にご検討いただくべきだと思われます。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ