相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

借金を相続したら

2013.09.25

相続に関する業務をさせて頂いていて良く遭遇するのが、皆様プラスの財産(例えば不動産等)に関しては相続するんだという事は理解されているのですが、借金等の負債に関しても相続するという事を知らないという方です。

民法で、相続人は被相続人の一切の権利も義務も相続する。と規定されていますので、一身専属の義務以外の義務は全て相続人に引き継がれるのです。

これを知らずにいると後々債権者から、請求が来て驚いて私どもに御相談に来られるというパターンは多いかと存じます。

相続開始後に借金の方が、プラスの財産より多いなというときはどうすれば良いのでしょうか? その場合は相続放棄をすれば相続人で無かった事になりますので負債から逃れる事が可能です。

只、相続放棄は期限が御座います。 「自己が相続人となった事を知ったときから3ヶ月以内」に家庭裁判所に対して申述しなければなりません。 他にも、単純承認といって相続人として既に財産の処分をしていたりといった場合等は相続放棄が認められない場合もあります。

相続に関しては何も財産が沢山ある方だけのお話ではないのです。後で後悔しない為にも是非、我々の様な専門家に御相談下さい。

司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ