相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

最高裁判所の決定「非嫡出子の相続格差は無効」

2013.09.09

結婚をしていない男女の間に生まれた子(非嫡出子)の相続分は、法律上の夫婦の間に生まれた子(嫡出子)の半分としている民法の規定に「憲法違反」の判定が下されました。

最高裁の違憲決定を受け、国会は民法の改正を迫られることになりそうです。

この決定には賛否両論があると思います。

夫婦関係の多様化、晩婚化、離婚率の上昇など、さまざまな事情を鑑みた結果だとは思いますが、「法律婚の軽視」につながる、といった意見もあるでしょう。

単純に、相続格差を無くして、同等の法定相続分が与えられるようになるのか、それとも、原則は同等の法定相続分が与えられるが、「条件付」で格差が設けられるのか・・・。

どのように民法が改正されるか、今後の国会の判断が注目されます。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ