相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺産分割協議の問題点 未成年者が関わる場合

2013.03.30

 遺産分割とは、死亡した被相続人に複数の相続人がいた場合でかつ被相続人による遺言が存在しない場合に共有状態にある相続財産を相続人による合意で分割することです。
 私どもの事務所も相続手続きに関与する中で様々な遺産分割のケースに関わるのですが、やはり色々な問題点が御座います。
 例えば、相続人の中に未成年の方がいらっしゃる場合でその法定代理人である親権者と遺産分割する場合はどんな問題があるでしょうか? その場合は、法定代理人である親権者と未成年の子との間で遺産分割協議はできるのでしょうか?  その場合は家庭裁判所に対して特別代理人の選任を申し立ててその特別代理人が未成年者に代わって遺産分割協議をしなければなりません。 もし特別代理人を選任せずにした、法定代理人である親権者と未成年の子との遺産分割協議は無権代理行為となり原則は無効ということになります。
 何故そうなるかというと、親権者と子との遺産分割協議は利益相反行為となるからです。そうして未成年者の権利を守るという趣旨です。
 当事務所はその様なケースにも豊富な経験が御座いますのでお気軽に御相談ください。

 司法書士 山田愼一
 

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ