相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

墓守りは誰のため?

2012.11.12

神や祖先を祭ることを「祭祀」といいますが、お墓などの祭祀財産を管理したり、葬儀の喪主を務めるなどの祭祀を行う者のことを、「祭祀承継者」といいます。

一般的には、被相続人の配偶者その他親族がされる場合が多いと思いますが、法的には、たとえば、被相続人が遺言書などで指定した場合には、その指定された者が祭祀を承継します。この指定は、遺言ですることができますが、生前に口頭で指定してもかまいません。被相続人の指定がない場合は、一般的慣習に従って承継者が決まります。被相続人の指定もなく、慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所の調停・審判で決められます。時々、ご相談いただくこともあるのですが、遺産分割に際して、祭祀を承継することを理由として、遺産の取得分を多く主張したりすることは認められません。なぜなら、祭祀承継者が今後祭祀を営むかどうかは、その者の自由であって義務ではないからです。

ちなみに、承継した祭祀財産を処分することは祭祀承継者の自由です。極端な例になりますが、もし、祭祀承継者が「お墓を管理していくのはイヤだ」と思った場合は、誰の同意も必要とせずに、その墓地を処分することができるのです。

ですから、たとえばお子さんに「今後もきちんとお墓を守っていってもらいたい」 、というふうに思われているようであれば、責任をもってお墓を守ってくれるお子さんを、生前のうちに祭祀承継者に指定しておく、といったことが必要だと思われます。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ