相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

解雇Q&A

2012.11.08

解雇は経営者の都合で自由に行うことができるのか?

結論から言えばできません。解雇するには①客観的で合理的な理由と②社会通念上の相当性が必要です。仮に客観的で合理的な理由がないのに解雇すれば、解雇権の濫用となり解雇自体が無効となることもあります。また、裁判で敗訴すると損害賠償責任を負うことにもなります。

どのような解雇の種類があるのですか?

①普通解雇

普通解雇とは、就業規則に定めのある解雇事由に相当する事実があって行われる解雇をいいます。

②整理解雇

整理解雇とは、普通解雇のうち会社の経営上の理由等により人員削減が必要な場合に行われる解雇をいいます。

③懲戒解雇

懲戒解雇とは、就業規則において最も重い懲戒処分により行われる解雇をいいます。

司法書士 中 川 徳 将

 

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ