相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

生前贈与の際の税金関係

2012.09.29

 贈与をした場合は贈与税という税金がかかるというのは、ほとんどの方がご存知かと思います。そしてその場合の税率がすごーく高いというのも何となく知っているよという方も多いでしょう。
 例えば、1000万円を贈与した場合は何と税金は231万円もかかるのです。ほとんどペナルティの様な贈与税ですが知らずに贈与するとこんなにも税金を払わなければなりません。
 その贈与税にも特例で軽減してもらえる制度があります。 例えば、成人しているお子様の住宅購入資金をその直系尊属(父母や祖父母等)から贈与する場合は、一定の要件を満たして申告すれば平成24年度であれば1000万円(省エネ等住宅なら1500万円)までの贈与については贈与税が非課税となります。
 そしてこの制度と他の控除は併用する事も可能なです。基礎控除(110万円)や相続時精算課税にかかる特別控除(2500万円)が適用になるため上手く利用すればかなりの金額が非課税になります。
 但し、申告が必要になりますのでご注意を。

 司法書士山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ