相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

生命保険を活用して納税資金を準備する

2012.07.05

 現行法下での相続税の基礎控除は5000万円と相続人の数掛ける1000万円です。 例えば、相続人の数が2人であれば7000万円になります。 もちろんそれを超えれば相続税が課税されることになるのですが、多額の資産をお持ちの方の場合等はもちろん多額の相続税を支払わなければなりません。
 生命保険を上手く活用することによって、納税資金を準備することも可能です。例えば、被相続人の加入している生命保険の受取人を相続人にしておけば、相続人には死亡保険金が入ってきますので相続税を支払うことが可能です。 そして、生命保険の場合は、500万円に法定相続人の数を掛けた金額は相続税はかかりません、これを生命保険の非課税限度額といいます。
 そのほかにも、保険契約者と被保険者を相続人としておいて、保険料負担者を被相続人とする契約であれば、相続開始時に生命保険に関する権利を相続人が引き継ぐことになります。そして、相続税の評価においては死亡時の解約返戻金相当額が評価額となるのです。
 これにより、節税効果が期待できます。
 
  司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ