相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

再転相続放棄とは?

2012.05.24

こんばんは,司法書士の中川です。久しぶりのブログ更新になりますが宜しくお願いします。また,聞き慣れない専門用語からの見出しに読む気を無くさず文末までお付き合いお願いします♪

「再転相続」とは相続人が相続の承認又は放棄をしないで亡くなった場合は,その相続人の相続人が自分の前の相続人が持っていた相続の承認や放棄の権利を相続によって取得することです。

よくわからないですね(^_^;) わかりやすい事例でご説明します。

【登場人物】 源左衛門(祖父) 健一(父) 勇一(孫)

①祖父の源左衛門が亡くなりました。

→この相続人は源左衛門の子である健一が相続人です。

②父の健一は源左衛門の相続手続きをしないまま亡くなりました。

したがって,勇一は祖父と父の相続分を受け取ることになります。このような状態のことを「再転相続」といいます。

そして勇一は祖父の相続分は放棄したいが,父の相続分は頂きたいと考えた場合に祖父の相続分のみ放棄する手続きを「再転相続放棄」といいます。

上記の事情の他に相続放棄の順序,相続放棄の熟慮期間起算点などの重要な法的判断が必要になってくる事案が多々ありますので,専門家に相談のうえ手続きをすすめることをお勧めいたします。

 

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ