相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

資産承継について【後編】

2012.03.27

近年、この遺言信託の数は増加傾向にあるそうです。
たしかに、日本はもう何十年もの間、核家族化が進行してきました。
現代の相続人の家族は、核家族となっていることが多いでしょう。
そのため、相続人同士が兄弟といえど、残念ながら不仲であったり、長年の間音信不通の状態が続いている、といったことも珍しくなくなってきており、今後もその数は増えていくと思われます。
そのため、親からすれば、子供たちにはなるべくこれ以上モメてほしくないというのが、最優先事項のひとつとなるでしょう。

現行法律下でいけば、能動的に資産承継をコントロールしながら、子供たちのために分配する方法といえば、ほぼ遺言を利用する方法しかありません。  
まだまだ「遺言」といえばネガティブなイメージを持たれる方がほとんどだと思いますが、海外では、むしろ遺言を遺すことが主流です。
日本ほど、はっきり言って、「なあなあ」で遺産の処理を済ませようとする国の方がめずらしいのかもしれません。
加えて、今後は相続税のターゲット層が拡大する予定ですので、これまで相続税の心配をする必要がなかったような一般家庭についても、いきなり、「節税対策」といったリスクマネジメントを強いられることになると思われます。
もうこうなってくると、亡くなった「後」の相続手続だけでは全く歯が立たないといったことになります。

そろそろ「どうやって新しい世代に資産を承継していくか」を、真剣に考える時代がやってきているように思います。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ