相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

未成年の方が相続人となる場合

2012.02.28

 未成年の方が相続人となる場合は、基本的に親権者が代理してその方の相続に関する手続きをします。
 まず、未成年の方が相続放棄をする場合はどうでしょうか?
 その場合は、親権者が一緒に相続放棄をする場合は親権者が子に代理して相続放棄をする事ができます。なぜなら、子にだけ相続放棄をさせてしまうと親が相続する分が増えるからです。その結果利益相反となるからです。
 では、一緒に相続放棄する場合はというと、そもそも親権者も相続放棄をしますので子が放棄しても、親権者の持分が増えるという様な事も無く利益相反行為とはならないのです。
 次に、子と親権者の遺産分割協議はどうでしょうか? 
 この場合は、利益相反行為となり家裁に特別代理人選任の申し立てをして、その特別代理人が子に代わって遺産分割協議を行うこととなります。
 私も、子を持つ親ですが基本的に親が子に不利になるような事をしようなんて考える事は無いとは思うのですが、未成年の方を守るという趣旨でこのようになってるのでしょうね。

 司法書士 山田 愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ