相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺留分に対する対策とは?後編

2012.02.08

では、どうすれば、遺留分に備えることができるのでしょうか?

答えは、残念ながら、遺留分を請求された場合、財産を受取った者は、遺留分請求者に対して弁償することを、ほぼ避けられません。
それほど、遺留分は法律で保護された制度であり、そもそも「相続権」はとても強力な権利なのです。

しかし、生前のうちから、遺留分に該当する財産を小さく抑える、といった観点から対策しておくことは可能です。
たとえば、財産を受取らせてあげたい人を受取人とする、生命保険を契約しておいたりすることも一つの方法です。
生命保険は相続財産に含まれないため、そもそも遺留分の概念自体が及びません。
有効な保険商品を選択し、将来に備えることが重要だと思われます。

不動産は大切な資産ではありますが、相続時に手に余るほどの不動産を所有していることは、これからの時代においては、却ってリスクが高い行為という見方もできます。
なるべく次の世代に、早い段階から上手な資産承継を考えておくことが、本格的に必要な時代になってきてる気がします。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ