相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺留分に対する対策とは?前編

2012.02.08

最近多く見られるのが「遺留分」に関するご相談です。
「遺留分」については、民法に以下のとおり規定されています。

第千二十八条(遺留分の帰属及びその割合)
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じて
それぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一  直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
二  前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

遺留分とは、要は「財産がもらえなかった相続人は、財産をもらった相続人に対して、上記の割合で自己に遺されるべき権利を主張することができる権利」です。
「尊属」とは、被相続人(亡くなった方)の親のことを言います。

遺言を遺される方が増加している一方で、一部の相続人に対して財産を相続させないケースも今後おそらく増加していくことが予想されます。
その結果、遺留分が問題となるケースも、当然増加していくことになるでしょう。

【遺留分に対する対策とは?後編へつづく】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ