相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言書が2通ある場合

2012.01.18

 もし被相続人死亡後に「遺言書」が日付の違うものが2通ある場合はどうなるでしょうか?
 例えば、甲不動産を、最初の遺言書ではAに相続させると記載があり、後の遺言書ではBに相続させるとの記載があったとします。 この場合は民法1023条1項により、後の遺言により先の遺言が撤回されたことになり、Bが甲不動産を相続することになります。
 さらにもし、全く日付の同じ「遺言書」があり一方の遺言では甲不動産をAに相続するとの記載があり、もう一方の遺言ではBに相続させるとあった場合はどうでしょうか?
 この場合は、遺言の内容等からどちらが後に作られたのか判明すれば後の遺言が有効となります。ただしその内容等からどちらが後か判別することができなければ、残念ながらどちらの遺言も無効という結果となってしまいます。
 この様なケース実際にあるのかということですが判例等実際にありますので、少し優柔不断な遺言者が、1通目を書いた後にすぐ心変わりしてもう一通書いたのかなぁと思います。
 遺言を遺すときはなるべく自分の死後に要らぬトラブルを招かぬようちゅういしたいものですね。
 司法書士 山田愼一

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ