相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言と遺留分

2012.01.06

 あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いいたします。
 
 年明け一回目の更新となりますが、本日は遺言と遺留分についてです。
 まず遺留分についてですが、「遺留分」とは相続に際して、相続財産の中から一定の相続人に対して法律上必ず留保されなければならない一定の割合を言います。
 兄弟姉妹以外の相続人に与えられる法律的権利で遺留分権と呼ばれています。
 被相続人には生前は贈与により、死後は遺言により自己所有の財産を自由に処分する事ができますが、遺言や贈与により法定相続人の相続権が侵害された場合にそのうちの一定割合を保障するために、兄弟姉妹を除く法定相続人に対して認められた権利です。
 例えば、全財産を愛人Aに遺贈するという様な遺言を被相続人がした場合でも、相続財産に対して、残された妻と子が遺留分減殺請求権を行使して定められた一定割合については、相続できる。という様なことになります。
 この遺留分減殺請求権には行使できる期間が定められています。 相続の開始及び減殺できる贈与又は遺贈があることを知ったときから1年、相続の開始から10年です。
 期限が決まってますので該当される方はお早めのご相談をお勧めいたします。
 
 さて、本年も当事務所は全力で業務にあたって行く所存です、何卒ご愛顧の程よろしくお願いいたします。    司法書士 山田 愼一
 

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ