相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

【相続】2011年の漢字・絆

2011.12.25

今年、いたるところで耳にした「絆(きずな)」という言葉。
本当に、絆についてたくさん考えさせられる1年になりました。

私達が携わる相続に関する業務についても、まさしく絆がキーポイントになることが多く、家族が相続に直面した瞬間に、絆の強さを問われるように思えてなりません。たとえば、実態を無視したような、書類上で小手先の相続対策を取ってあったとしても、それを受け継ぐ相続人の方々と、亡くなった方との間に絆が無ければ、その相続対策が水の泡に帰してしまう、といったこともたくさん存在します。
でも絆さえきっちり存在すれば、法律は最小レベルのみで必要とされるに留まり、極端な言い方をすれば、法律の専門家がそれほど必要無くなるでしょう。

今年の振り返りになりますが、2011年は、政治・経済・金融・社会・教育、そういった全てがガタガタと揺さぶられたような気がします。
人と人との繋がりがクローズアップされた1年でしたが、それでも現代の日本は日々いろいろな繋がりが断ち切れられていき、「個」の大量生産が毎日行われているような気がします。

今、声高に叫ばれている「絆」が、ニーズや損得勘定、そのときの仲良しどうしが結びつくような絆ではなく、「知らない人達だけど、困ってそうだから気になる」といったようなもの、いわば「絆弱者」の人たちと、社会がいろんなところで結びつくことができるようなものであってほしいと思います。なぜならそれが、政治・経済・金融・社会などの根本的なシステムを、現代に即した形に変えていく原動力のひとつだと思うからです。
これまで出会ったことの無い「個」と「個」を結びつけるあらゆるツールがもっともっと開放されていき、そこで生まれた新しい思想や問題意識、基準などが、政治・経済・金融・社会に最大限に反映されやすい仕組みがたくさんできていけば、私達の生活が本当の意味で豊かになっていくんじゃないか、自分達の生活をもっと能動的に向上させていくことができるんじゃないかと思っています。

なんだか大きい話になってしまいましたが、民法の大原則の一つ、「私的自治」にやんわりつながりました 笑【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ